.

2021年10月18日

IELTS TIPS リスニング編@

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


日本では、まだ帰国者はPCR検査の陰性証明と、10日間の自主隔離が必須なようですが、


最近では、各国でワクチンの接種が進み、いくつかの国ではPCR検査で陰性であって、ワクチンを2回接種していれば、隔離なしで入国できる国も出てきました。


ニュージーランドもワクチン接種をどんどんと進めていて、早い将来、再びボーダーが開いて留学に来られる方も出てくると思います。(というか、願っています!!!)


大学や高校留学される際に、英語能力の条件が課される可能性もあります。


そこで、今回はそのように留学前にIELTS試験に臨む方に、少しでもお役に立てればいいと思い、今まで私が勉強してきた、先生が教えてくれた、IELTSで5.5以上をとる方法を皆さんにシェアしていきたいと思います。


IELTSは、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4つの能力を測るテストですが、


今回は、リスニングのコツについてお話ししたいと思います。


リスニングでのコツは、


1.答案用紙をとりあえず早く読み、理解して臨むこと!


主に、5W1Hにマーク、重要だと思う言葉にマークをしてパラフレーズ(似ている意味の言葉)を予想することが大切になります。パラフレーズを考えすぎて、他の問題を読む時間が無ければ、とりあえず、重要そうだと思う言葉のマークは忘れないでください。


そして、とりあえず問題だけ素早く読み、マークし、設問はまだ時間が残されていれば目を通す程度にしてください。とりあえず、まずは問題を理解しない事には、回答できませんので!!


私の例で申し訳ないですが、こんな感じでマークをしています。


20211018_1_KAPOTTO_TEST.jpg

2.一問聞き逃してもパニックにならない事!!!


これは、


リスニングは40問、30分で聞き、10分で解答用紙に答えを書き写す時間で構成されています。


section1は、電話形式で、日常英会話を聞きます。主に、ツアー予約や、レンタルサービス、不良品の返品等です。ここでは、問題例が流されるので、普段より少し解答用紙の問題を見て覚える時間があります。


回答は大体1 〜2wordのみになるので、何が入るか、推測する時間はたくさんあります。


IELTSのスコア6以上を目指す方は、ここではできるだけミスはしないように確実に点を抑えに行った方がいいです。(間違えても2問くらい)


日にちが入るのか、それとも電話番号が入るのか、そういったところの推測をしっかりとしましょう。



続きはまた次回!
ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!



Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | 英語 (English)

2021年10月14日

IELTS試験を受けてきました

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!

先週、スチューデントビザの延長のため再びIELTS試験を受けてきました!


基本的に、スチューデントビザをもらって語学学校の延長手続きをする場合、英語力が向上したことの証明を移民局へ出さなくてはいけないようです。


その証明には、IELTSやTOFEL等の正式な英語能力試験を受けてなくてはいけません。


しかし、本来受ける予定であったはずの試験がデルタ株によるロックダウンで延期となり、一か月先の先週末にうけることとなりました。


試験が延期してしまって、英語力向上を証明する書類を出せない事を伝えつつ、移民局に次のスチューデントビザを提出したところ、なんとその証明なしで、新しいビザの認可が下りました。(先生が書いてくれたプログレスレポートが良かったことで、許可が降りたのかもしれません)


まさかの、試験をうける必要なし!!!


ですが、払い戻しはできないので、自分の今の能力を知る為にIELTS試験に挑みました。



今回のIELTSは前回の反省も踏まえ、テスト前には3回トイレにいき、お昼ご飯もしっかりと食べて臨んだため、お腹がすいて集中できない事や、トイレに行きたくて集中できない等といったことは起きずに済みました。


そして、今回のIELTS試験は、、比較的易しい?というのが率直な感想です。


スピーキング、リーディングは難しい内容ではなく、比較的回答しやすい問題でした。


スピーキングはテレビについて、カフェについて、そして、家に人を呼ぶ習慣についてのトピック。


→簡単なトピックだったので、得点アップの為の難しい単語を使う機会が無かったのが残念です。


リーディングはコアラについて、チョコレートについて、そしてフレキシブルワークについての内容でした。


→内容がどれも私にとって興味深いことと、難しい単語や知らない単語が少なかったということが、とても有難かったです。


リスニングは、ツアーに関して、学校のプロジェクトについて、そして環境問題についての講義で、問題自体は難しいものではありませんでした。


→が、設問が割と長文で、予め設問を理解する時間が少なかったので、回答が難しいと感じました。


ライティングは、1問目は過去と今のある通りにある店等の違いについて述べる問題、

2問目は、学校での言語教育について述べる問題でした。


→一問目の問題はあまり練習してこなかったので、少し答えるのに時間がかかってしまいましたが、何とか160字書くことができました。

二問目は、言語教育についての問題は何回か練習でかいていたので、そこまで難しい問題ではなかったと思います。


まだ結果が出てこないので、なんとも言えませんが、トータルスコアで6.5取れていたら良いなと思います。


せっかく6か月間IELTS試験対策講座で頑張って勉強してきたので、今度は先生から教わったコツについてお話ししようと思います。


ではまた次回!



ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!

(kapotto)
posted by キックオフNZ at 03:42 | Comment(0) | 英語 (English)

2021年10月11日

ニュージーランドの鳥たち その5

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


今回は地域限定で見られる鳥たちをご紹介します。


【トゥーイ】

トゥーイはのどにある白いポンポン羽が特徴の鳥で、大きさは鳩と同じくらい。ですがスマートな体型をしていてダークブルーのかっこいい見た目をしています。


ベルバードと同様に、よく通るとても美しい声で鳴きますが、時折「ゲオッゲオッ」というせき込むような変な音を出します。最初から、最後まで美しい声で鳴けないのがニュージーランドの鳥の特徴なのでしょうか。。。。


このトゥーイ、主に北島でよく見られ、住宅街にもよく現れます。


南島でも、南の方に行くと観察することができるのですが、なぜか、クライストチャーチ周辺では観察することができません。



耳をそばだてて、トゥーイの声を聞き取ろうとしても、ハイキング中ですら声を聴くことができません。大体トゥーイかな?と思って見上げると、ベルバードだったりします。(割とこの2種は鳴き方が似ています。)


何故だかわかりませんが、トゥーイはクライストチャーチが嫌いなようです。


トゥーイの声は一度聞いてしまえば大体わかるようになると思いますので、一度トゥーイの声を覚えて、その声のする方へ目を向ければ、簡単に見つけることができる鳥です。


鳴いているときののどの白い羽が上下に動く姿はなんとも愛らしいです。


ぜひニュージーランドに来た際にはトゥーイを見つけてみてくださいね。



ちなみにスーパーマーケットでもトゥーイを見つけることができます。


20211011_1_kapotto_Tui can.jpg



ビールです。(笑)


このビールはニュージーランドでもポピュラー。ニュージーランドに来た際はぜひ飲んでみてください。


【イエローヘッド(マオリ語:モフア)】


名前の通り、顔と背中の黄色が美しい鳥です。1800年代、まだ西欧の人々の侵略が進んでいない時代では、数多くのイエローヘッドを見ることができたそうですが、ニュージーランドでの人々の生活が段々と豊かになるにつれて、森林破壊が進み、イエローヘッドの数は激減しました。


現在では南の島の限られた地域でしか見ることができず、その生息数は5000羽を切っています。


私はラッキーな事にこのイエローヘッドを野生で見ることができました。鮮やかな黄色の頭は見つけるのにはとても役に立ちます。


南の島の、クライストチャーチより北の森林には、多くのHoneydew fungiが自生していて、そのおかげで沢山の鳥のえさとなる昆虫が寄ってきます。その為、イエローヘッドもHoneydew fungiのある場所には生息しているそうです。


しかし、ネズミやポッサムなど等により、いまだに生息数の増加には至っていません。


現在では、多くの守で、ネズミなどを捕らえる装置が至る所に設置され、危険な動物から鳥たちを守る取り組みがなされています。


もしも、イエローヘッドを見つけたかったら、ぜひ南島の北側でハイキングしたらいかがでしょうか?

Honeydew Fungiもとても面白いキノコ(菌類?といった方がいいかもしれません)なので、見る価値があると思いますよ!



20211011_2_kapotto_Honey fungi.jpg



今回の鳥たちのリンクはこちらから

・トゥーイ

https://www.doc.govt.nz/nature/native-animals/birds/birds-a-z/tui/

・イエローヘッド

https://www.doc.govt.nz/nature/native-animals/birds/birds-a-z/yellowhead-mohua/



ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!



Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | ニュージーランド

2021年10月07日

カルチャーショックA

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


前回まとめさせていただいた記事、カルチャーショックについて、私の実際の出来事も踏まえてお話しさせてもらいます。


今まではカルチャーショックを言葉そのまま、文化の違いを感じて嫌になる事だと思っていました。


第五段階まで、こんなに人の深層心理があるとは知らず、とても驚きました。


語学学校に通っていた際に思うのは、多くの語学の短期留学をしている生徒たちもこのカルチャーショックを受けていたことです。


CCELという語学学校で約1年、自分自身が学生になったり、学生アシスタントをしていたりしていて、様々な学生と会ってきました。


入校当初の学生の方々は、それぞれ違う文化を持っている学生といろいろとお話をしたり、お互いの文化の違いというのを楽しみながら交流を深めていました。


このカルチャーショック第一段階では、まだ新しい環境が楽しく感じ、スーパーで買い物をするだけでも楽しいと、私も感じていたものです。



第二段階にあるように、いざ現地の友達を作ろうと頑張っても、彼らの言っていることやユーモアが全然わからず、彼らが笑っているから私も笑うなど、何とかごまかしてやり過ごしてきた記憶がよみがえりました。これ、意外とストレスが溜まるんですよね。(笑)



第三段階、日本人同士でつるむ。(笑)これ、本当に気持ちがよくわかります。私の知り合いでも、「日本人の友達といる方が楽しいし、楽」といってずっと結局日本語で話していた人たちいました。


確かに、同じ国同士で一緒にいるのは楽かもしれませんが、これでは、何のために語学留学しているのかわからなくなってきますよね。


もし、この第三段階を乗り越えたかったら、あまり同じ国同士で慣れ合うのは良くないと思います。


第四段階まで来ると、ストレスで頭が痛くなったりする気持ちもとても分かります。私も一時期片頭痛に悩まされました。



第五段階、私もここまで来るのにニュージーランドにきて一年半はかかったと思います。今でも、少しこの行くしすぎている人たちの態度にイラっと来ることはありますが、嫌なところも全部含めて、これがニュージーランドなんだなーと。受け入れられるようになりました。


そして、たまにニュージーランドらしさがいとおしく感じることもあります。


この前も、夜、家の近くの小さな道で車のライトをつけ忘れていた際に、歩道を歩いていた男性が大きく私に手を振ってきて、ジェスチャーでライトがついてない事を教えてくれました。


日本だったらその人には関係ないから誰も教えてくれなさそうですが、大きなジェスチャーで教えてくれるこの親切さがニュージーランドらしいなと感じて嬉しくなりました。


こうやって他の国の良いところ、悪いところも受け入れられるようになって初めて、全部カルチャーショックを克服できるんだなと思いました。


皆さんも、途中であきらめずに、カルチャーショックを克服してくださいね。



ではまた次回!




ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!

(kapotto)
posted by キックオフNZ at 03:00 | Comment(0) | 留学準備

2021年10月04日

カルチャーショック その1

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


私は、学校の先生に私がこのブログライターのお仕事をしている事を伝えていますが、


先生が最近私のブログにとって面白いと思う記事を見つけて教えてくれたので、


その記事をまとめてお話ししたいと思います。



彼女が見つけてくれた記事はカルチャーショックについての記事です。

20211004_1_kapotto_article.jpg


私たちは少なくとも新しい国に住む際に、自分の文化と違う事に対してカルチャーショックという現象を受けます。


このカルチャーショックというのは5段階に分けられるそうです。



第一の段階は、違う環境を楽しむところから始まります。


違う言語の国に住む際に最初に遭遇するのは、スマホを使えるように設定したり、公共共通機関を使える様にしたりという単純だけれどすこし難しい事です。


これはすぐに乗り越えられ、そういった単純な違いや難しさを楽しんで色々なことに挑戦する様になります。




次の第二段階は、その国と自分の国の習慣や行動の違いに気付きます。


例えば、現地の人たちと話している際に、話している言葉は分かっても、言葉の言い回しがわからないことでユーモアがわからずに困惑してしまったり、自分の事で笑われているんじゃないかと感じてしまうことや、


カフェでのオーダーの仕方がよくわからずに困惑したり、服のサイズが違かった際にサイズ変更ができるのか不安になったりすることで、段々と違いを楽しむことから不安やストレスと感じるようになってきます。




第三段階、もう違いを楽しむことはなくなり、後悔が始まります。


友達を作ることはとても難しく、なぜ自分はここに来たんだろうと思い込むようになり、孤独を感じるようになります。


そして、自分と同じ国出身の人と慣れ親しむようになってしまい、現地の友達を作ることを段々とあきらめるようになってしまいます。(こういう日本人の学生を英語学校で多く見かけました。)



第四段階は、もう、違いに嫌気がさし、違う文化を否定的に捉えるようになります。


その文化を受け入れることを否定し、疑ったり、イライラするようになります。そのような精神的ストレスが結果的に頭痛や不眠などの身体ストレスにつながってきてしまいます。(このことに悩む学生も多く見てきました。)



しかし、最終の第五段階まで達すると、言語の壁を乗り越えることができるようになり、現地の知らない人と何気ない会話を楽しむことができるようになります。


自信が沸き、周りの環境が見違えるように違ってくる様に感じます。そして、文化の違いを本当の意味で受け入れる事ができるようになるのです。



このカルチャーショックの5段階は、本当に多くの人に当てはまるんじゃないかと感じました。



今回は記事を紹介させてもらいましたが、次回は、私が思うこのカルチャーショックについてお話ししたいと思います。


ではまた次回!




ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!


Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!


(kapotto)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | ニュージーランド

2021年09月30日

お団子をつくろう!

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


最近、お花見をした際に、久しぶりにみたらし団子と、つぶあん団子を作りました。


20210930_1_kapotto_ohanami.JPG



団子の粉は、ジャパンマートという日本の商品を取り扱っているスーパーで買うことができますが、200gで4.5ドルです。(正直とても高い!!)


お団子は上新粉(うるち米原料)と、白玉粉(もち米原料)をミックスさせたもので、団子の粉として売られているものは、メーカーによって配合が異なるようです。


上新粉、白玉粉をそれぞれ買って、自分で割合を決めて団子を作った方が格段に安上がりで美味しい団子を作ることができます。


今回は、美味しいお団子の配合を教えちゃおうと思います!!!


白玉粉と上新粉はそれぞれ、Glutinous Rice flour(白玉粉)と、Rice flour(上新粉)でアジアンマーケットで売られています。


20210930_2_kapotto_sitaramako.jpg


パッケージの緑色のものが白玉粉(Glutinous Rice flour)で、青色のパッケージが上新粉(Rice flour)です。


ジャパンマートの団子の粉に比べると、白玉粉は400gで1.8ドル、上新粉は400gで1.5ドル程度で売られています。


トータル800g4ドル以下はニュージーランドで団子の粉を買うより安い!!!団子の粉の半額で作れます。



私は、最初すべて上新粉Rice flour で団子を作ったことがあったのですが、これが、、、、



固い!!!団子の内側がぼそぼそしている!!!!



全く団子の触感にならず、挫折しかけました。。。
(というか、老舗菓子屋の娘なのに上新粉、白玉粉の区別もつかないのは痛い人間ですね。(笑))



そして、次には白玉粉(Glutinous rice flour)だけで作ったのですが、水を入れすぎてうまくまとまらなかったです。。。



このように、失敗を繰り返し、やっと白玉粉と上新粉のちょうどよい配合割合がわかりました!



白玉粉(Glutinous rice flour):上新粉(Rice flour)=4:1!!!



白玉粉が100gだったら上新粉は25gです。簡単ですね。


水は耳たぶくらいの硬さになるまで入れてちょうど良くなるのは、どこのレシピでも一緒です。


この配合で前回のお花見に友人に振る舞ったところ、みんなが美味しいと言ってくれました。


ニュージーランドに住んでいて、もしくはこれから住む予定という人は、お団子はとても日本ぽくて、外国人にもおすすめできるスイーツだと思うので、作って振る舞うのをおすすめします!



ぜひ、この配合でお団子を作ってみてください!


ではまた次回!

ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | NZ Life

2021年09月27日

ヘルメットは重要なのか

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!

私は現在基本的に自転車で通勤、通学しています。
最近、新しいヘルメットを友人からもらいました!


IMG20210922180758.jpg


ニュージーランドでは、自転車のヘルメットの着用が義務化されており、もしヘルメットを着用していないところを警察に発見されたら、罰金として55ドルを支払わなければならないほど厳格です。


ニュージーランドに来る前に、ワーキングホリデーをしていた友人が、ニュージーランドでのヘルメット着用がダサくて恥ずかしいから自転車には乗らなかったといっていました。


ヘルメットは自転車に乗る際に不必要なものなのでしょうか。


日本では、ヘルメットをかぶっている方が違和感があるほど、ヘルメット無しが当たり前となってます。


最初は確かにヘルメットを被るのが少し恥ずかしいと思っていましたが、今となっては、ヘルメットの大切さを感じるようになっています。


自転車で様々なところ行く際にいつも思うのが、ニュージーランドの運転は本当に怖いということです。


正直に行ってしまうと、ドライバーはバイカーを気にしていません。


バイカーが車の脇を走っていても、サイドミラーを確認せずに、バイクレーンを横切って路上駐車や車線変更をしてくるドライバーはざらにいます。


実際に私も自動車との接触しそうになって事故をしたことがあります。(実際に接触した訳ではなく、向こうが寸前で止まったのですが、私がすくんで自分で自転車から落ちました)


ニュージーランドは自動車事故がとても多い国と言われているほど、ドライバーは危険な運転をします。


統計では、一年に約20人の死亡者、約1000人の重軽傷者が出ています。多くの場合が市内での通学・通勤時に起きた事故だそうです。
一見少なく感じるかもしれませんが、人口は日本も20分の1と考えると、比較的多い件数です。


このことから、ニュージーランドで自分の身を守るためにはヘルメットが必要不可欠ということがわかります。


もしも自転車から落ちても、車にひかれても、大切な頭を守るという大きな役目をヘルメットは果たしています。


ヘルメットは一見ダサくても、私たちの命を守る大切なものです。


しっかりと自分の頭に合わせ、安全運転を心がけて自転車に乗るようにしましょうね。



ちなみに、夜の運転はさらにリスクが高まります。
ニュージーランドの法律にもあるように、フロントライト(白いライト)とバックライト(赤いライト)をしっかりと点灯し、なるべく明るい恰好(反射材がついているベストなど)をして自転車に乗るように心がけてください。


ではまた次回!

posted by キックオフNZ at 04:00 | Comment(0) | ニュージーランド

2021年09月23日

ニュージーランドで健康的に

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


先日、桜がとてもきれいに咲いたので、友人と一緒に桜の下でお花見をしました。


20210923_1_kapotto_Sakura.jpg


友人は日本に住んだことのあるニュージーランド2人と、仕事でこちらに派遣された日本人です。


全員新型コロナウイルスが出てくる前の2019年にニュージーランドに来て、2年以上が経とうとしています。


ニュージーランドの生活と日本での暮らしを比べてたくさんの話をしました。


今一番みんなが納得しているのは、ニュージーランドでの生活は、「時間がある!」ということです。


仕事でニュージーランドに来た日本人の方は、


日本では仕事に追われ、自分の趣味をする時間を作ることができなかった。自分が、何をしたいのか、きちんと考えられなかった。仕事終わりにお酒を飲むことが日課だったそうです。


それが、ニュージーランドに来て、日本の会社に勤めていながらも、仕事終わりにジムに行ったり、自炊をしたりと、自分の時間を楽しむことができるようになったそうです。


自分の時間に余裕ができると、自由な時間が増えて自炊をしたりして、精神的にも、身体的にも健康になったと言います。


彼はこの2年間で飲酒量も少なくなり、食事の栄養バランスを考えるようになり、日本にいたときから10キロ体重を落としたそうです。(すごい!)


できれば、彼はこのままニュージーランドにもう数年間留まっていたいと言っていました。


日本に住んでいたニュージーランドの友人も、ホームカントリーに帰ってきて、違う体験をしたからこそ、ニュージーランドがまたさらにいいなと思うようです。


私も家族はとても恋しいですが、できればニュージーランドにもう少し留まっていたいと思っています。日本に帰国したら、このゆとりのある時間もなんだかなくなってしまいそうな気がします。



私自身の生活でも変化はあり、ここ一ヶ月全くお酒を飲まなくなり、少しずつですが精神的にリラックスを感じることができるようになりました。


そして、毎日だいたい同じ時間に寝てだいたい同じ時間に起きることができるようになり、平均で8時間寝ています。


そして、ニュージーランドでは他人の目や流行などを気にする必要がないし、あまりモールに行くこともないので、誘惑がなく、少ない給料ながらも、少しずつ貯金ができています。


時間の余裕、不必要な誘惑に駆られないというのも私にとってはとてもいいことだと思います。


もうすぐ30歳になりますが、最後にゆとりのある時間を過ごせた20代最後の2年間でした。


もちろん、人によって、感じ方は違うと思いますが、少なくとも、日本とは違う気持ちを感じるのではないかなと思います。


ニュージーランドのゆとりを多くの人に感じてほしいなと思います。


ではまた次回!



ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!

(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | NZ Life

2021年09月20日

ニュージーランドの洗濯機で洗うと...

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


今日は少し恥ずかしいお話ですが、きっと留学やワーキングホリデーで海外生活を考える女性に為になるのではないかと思うので、下着についてお話させてもらいます。


ニュージーランドに来て早2年が経ち、ずっと使い続けている下着たちが段々とヨレてきてしまいました。


私のフラットにある洗濯機は、日本で業務用で使われている洗濯機のような大きさで、脱水過程における遠心力がとても強いんです!!!


そのせいで、私のお気に入りの下着たちはヨレヨレに。。。


特に、レースの刺繍が施されているものは、洗濯機の真ん中にあるポールのでっぱりに引っ掛かり、破れてしまったり、ほつれてしまったものもあります。


20210920_1_kapotto_washmachine.jpg


なので、本当にお気に入りの下着であれば、手洗いをするか、日本から洗濯ネットを持ってくることをおすすめします。

下着のほかにも、タイツ等、他の洗濯物に絡まりそうなものは洗濯ネットを使用することをおすすめします。



ニュージーランドでも日本のお店やアジアンマーケットに行けば洗濯ネットを売っていると思いますが、ブラジャー用は今のところ見ていません。私の様に手洗いがめんどくさいけれど、ブラジャーの型崩れが嫌という人ば絶対持ってくることをおすすめします。



さすがに、みすぼらしい下着をつけていると、すこし悲しい気分になったり、胸のホールド力が気になったりしてくるので、新しい下着に買い替えをしようと決心しました!


体重変化があったので、サイズをお店に行って測ってもらいました。


今回訪れた所は「The Fitting Room」というお店。こちらはイギリスから商品を輸入して販売しています。


オンラインで下着のフィッティングの予約ができるのでとても簡単です。


お店に出向いて、お店の人にサイズを測ってもらい、何点か気になるものを試着しました。ニュージーランドのサイズは日本のものとは違いますので、サイズに関してはきちんと確認をした方がいいと思います。


基本的にアンダーバストとトップバストの差がカップで、アンダーバストは数字の8〜26
(日本でいう62cm〜112cm)で示され、カップはA〜Hで表されます。


しかし、オーストラリア・ニュージーランドサイズはカップDとEの間にDDが存在します。


最初はなぜDDがあるのかと思ったのですが、おそらくD〜Eが一番多い層で、正確なサイズになる為にDDがあるのではないかと思います。



下に下着のサイズに関して正確なもののサイトを発見したので、リンクを貼っておきます。



女性は下着まで気を使わないといけないので大変ですが、適正なサイズを着けることは大切だと思いますので、今回は紹介させてもらいました!

また、繰り返しになりますが、日本から下着用に、「洗濯ネット」を持ってこられることをお勧めしまーす!



ではまた次回!



インターナショナルサイズ
https://www.brasnthings.co.nz/fitting-hub-sizing-and-international-sizes



ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!



(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | ニュージーランド

2021年09月16日

日本の思いやり精神

キックオフNZのブログをご覧の皆様Kia Ora!!(*^^*)
kapottoです!


私はアジアンマーケットで働いているのですが、ここでは、商品の陳列や、新しく来た商品のレイアウト、オーダー数のチェックや、レジ業務をしています。


私たちのショップでは、主に、日本の商品を始め、中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、フィリピンの商品を販売しています。


私はそれらの届いた商品を陳列していくわけですが、商品の段ボールやパッケージを開けて陳列する際に、日本の商品はいつもすごいな!と思うことがあります。


それは、段ボールやパッケージの開けやすさです。


日本の商品は主にAsahi やS&B、キューピー等の食品会社から来るのですが、すべての商品のパッキングしてある段ボールや紙ボールがとても開けやすくなっています。


段ボールにはしっかりと、「あけぐち」の表記がされており、開ける人がすぐにわかるようになっています。


そして、ジッパー加工(段ボール等にある引っ張ったりするとそこから開けて開くことができる所や、開けやすいように点々のくぼみがパッケージにある加工のことです。)も他の国より発達していて、パッケージの固さに応じてジッパー加工を変えてあります。


これは、商品を買う消費者の開けやすさ、便利さだけでなく、スーパーで働いている人の陳列時のイライラまでも減らすような思いやりだと思います。


一方で、他の国の商品はというと、フィリピンや、韓国の商品はジッパー加工がされていますが、紙ボールが柔らかすぎて、とても開けづらかったり、うまく切ることができなくて、すこし紙ボールの切れなかったところがパッケージに残ってしまいます。


中国の商品は、そのようなジッパー加工がされていないものがほとんどで、しかも段ボールが薄かったり柔らかかったりで、たまにビンの商品は割れているものもあります。


このように、他の国の商品も取り扱っていて色々陳列していると、本当に日本の商品開発の

「自分たちの便利さだけ考えるのではなく、相手の事を考えて商品を開発する」

の精神と情熱を感じることができます。


私が会社で働いている時に、商品開発の同僚が言っていましたが、商品開発時に、消費者やスーパーで働いている人の事を考えて開発することはとても大切なことで、それらの小さな気遣いが、商品や会社のイメージに反映するといっていました。


そう思うと、仕事での気遣いがいかに必要で大変なんだと思うのですが、だからこそ、日本の商品は信用できるという世界的な日本のイメージが出来上がっているんだと思います。


この考え方は実に日本らしく、本当に素晴らしい日本の思いやり精神だなと、毎回段ボールを開けるたびに賞賛し、感謝しています。


日本の商品を作っている人たちに感謝! 



ではまた次回!




ニュージーランドのココが知りたい!などのご質問や、要望など、
私のわかる範囲でお応えしていきたいなと思いますので、
コメントお待ちしています!

Au revoir!
See you soon!
Ka kite ano!

(kapotto)
posted by キックオフNZ at 05:00 | Comment(0) | 仕事